「つつむ」がおすすめするボディケアの基本はボディのなで洗いです。

 

「つつむ」のボディウォッシュは専用の泡立てネット付き。この泡立てネットで「つつむ」ボディウォッシュを泡立てるとディセンシア独自の豊かな弾力のある泡ができあがります。

 

「つつむ」ボディウォッシュの濃密な泡はなで洗いのために作り出された泡です。濃密で弾力のある泡でボディ全体をなで洗いすれば肌本来のバリア機能が失われることはありません。汚れや余分な皮脂だけをしっかり落として必要なうるおいは残してくれるからです。洗い上がりはしなやかで、肌に残るぬめり感やきしみ感もありません。

 

 

敏感肌や乾燥肌のケアというと顔のケアを思い浮かべますが、ボディ全体のスキンケアも大切です。肌をいたわる入浴について、ポイントを紹介しましょう。

 

まず、たっぷりの泡で洗うことが大切です。肌をいたわるためには摩擦によるダメージは避けたいのでたっぷりの泡と手のひらでなでるようにして汚れを落とすなで洗いをしましょう。力を入れて肌をこするのはNG。

 

ボディウォッシュの1回の使用量ですが、適切な量を使うのがポイントです。多ければ良いというものではありません。ボディウォッシュの濃度が高くなりすぎてかえって肌に刺激を与えてしまうことも。適量でたっぷりの泡を作るのが肌にやさしいボディケアのポイントです。

 

入浴のときのお湯の温度はぬるめが良いですね。目安としては37~40度程度。ぬるめのお湯にゆっくりつかる半身浴がおすすめです。代謝があがって美肌効果も期待できます。熱いお湯での入浴は肌のうるおいが失われる原因になります。

 

 

こうしたポイントをおさえて「つつむ」ボディウォッシュでさっぱり汚れを落としたら「つつむ」ボディクリームでボディケアの仕上げをしましょう。





カテゴリー : つつむのいろいろ