「つつむ」はディセンシアのベーシックケア商品で、うるおい効果が高いと評判です。「つつむ」のベーシックスキンケアはなぜ保湿に効果的なのでしょうか。

 

「つつむ」のうるおい効果の3つの秘密をまとめてみましょう。

 

 

・うるおい効果の秘密その1

 

肌のうるおいに欠かせない成分がセラミドです。敏感肌ではこのセラミドが不足しがちなのです。ディセンシアでは独自の技術でナノカプセル化したセラミドを配合しています。うるおいが足りない部分にセラミドのナノカプセルがパズルのようにはまりこんで効率的にうるおいを補うことができるのです。

 

 

・うるおい効果の秘密その2

 

NMF天然保湿因子とは肌が本来持っている保湿成分のことです。敏感肌の場合、このNMFが不足しがちです。

 

NMFの約40%はアミノ酸ですが、「つつむ」のローションセラムにはアミノ酸のなかからとくに保湿に欠かせない5種類が高配合されています。アルギニン、セリン、アラニン、グリシン、リシンHCIという5種類のアミノ酸が角層細胞にアプローチしてうるおい効果を出しているのです。

 

 

・うるおい効果の秘密その3

 

つつむを開発・販売しているディセンシアはポーラ・オルビスの関連会社です。そして「つつむ」に利用されているのがポーラ研究所が独自に開発した成分「エモリエントプール成分」です。「つつむ」のうるおい成分が肌に浸透すると肌の表面にエモリエントプール成分がとどまってうるおいが逃げるのを防いでいるのです。

 

 

ディセンシア「つつむ」のベーシックスキンケアの効果にはこうしたいくつもの秘密があったのです。「つつむ」のうるおい効果を試してみてはどうでしょうか。





カテゴリー : つつむの概要