敏感肌に必要なスキンケアのポイントについて考えてみましょう。

 

スキンケアを始める前にしっかり済ませておきたいのがメイク落としです。敏感肌の場合、ふき取りタイプのクレンジングはふき取りの摩擦が肌のトラブルの原因になります。また、よく使われているオイルタイプは皮脂を取りすぎる傾向があります。そのため、敏感肌にはジェルタイプまたはクリームタイプがおすすめです。

 

スキンケアの基本、洗顔ですが、洗顔料は弱酸性のものを選びましょう。肌が本来持っているセラミドなどのうるおい成分まで洗い流してしまわないもので、低刺激のものがおすすめです。

 

クレンジングでメイクを落とすと汚れを洗い流せたように感じますが、クレンジングで落とせるのはメイク汚れです。古い角質や皮脂は洗顔料で洗い流すのでダブル洗顔が必要です。

 

洗顔が終わったら保湿をします。保湿は季節にかかわらず1年を通して必要ですが、保湿剤は季節や肌の状態に合わせて変えていくと効果的なスキンケアができます。さらっとした使用感、しっとりした使用感、というように保湿剤を使い分けてスキンケアをしましょう。

 

乾燥肌のスキンケアは顔だけではありません。ボディケアも乾燥肌に合った方法で行いましょう。

 

乾燥肌のボディケアで大切なのは入浴のお湯の温度、入浴剤、洗浄料、入浴後の保湿です。半身浴なら37~40度の少しぬるめが適温とされます。入浴剤、洗浄料、保湿剤は配合成分を確認して、敏感肌への刺激が心配な成分を含まず保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

敏感肌のスキンケアは顔も身体も配合成分に注意することがポイントですね。





カテゴリー : つつむと肌について