つつむの口コミや効果、成分、製品ラインなどの情報を紹介します。つつむはdecencia(ディセンシア)から販売されている敏感肌、乾燥肌専用のスキンケア化粧品です。角層本来の機能を高め乾燥に負けない潤い肌を実現します。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • つつむの概要

つつむの概要

「つつむ」の効果

「つつむ」はディセンシアのベーシックケア商品で、うるおい効果が高いと評判です。「つつむ」のベーシックスキンケアはなぜ保湿に効果的なのでしょうか。

 

「つつむ」のうるおい効果の3つの秘密をまとめてみましょう。

 

 

・うるおい効果の秘密その1

 

肌のうるおいに欠かせない成分がセラミドです。敏感肌ではこのセラミドが不足しがちなのです。ディセンシアでは独自の技術でナノカプセル化したセラミドを配合しています。うるおいが足りない部分にセラミドのナノカプセルがパズルのようにはまりこんで効率的にうるおいを補うことができるのです。

 

 

・うるおい効果の秘密その2

 

NMF天然保湿因子とは肌が本来持っている保湿成分のことです。敏感肌の場合、このNMFが不足しがちです。

 

NMFの約40%はアミノ酸ですが、「つつむ」のローションセラムにはアミノ酸のなかからとくに保湿に欠かせない5種類が高配合されています。アルギニン、セリン、アラニン、グリシン、リシンHCIという5種類のアミノ酸が角層細胞にアプローチしてうるおい効果を出しているのです。

 

 

・うるおい効果の秘密その3

 

つつむを開発・販売しているディセンシアはポーラ・オルビスの関連会社です。そして「つつむ」に利用されているのがポーラ研究所が独自に開発した成分「エモリエントプール成分」です。「つつむ」のうるおい成分が肌に浸透すると肌の表面にエモリエントプール成分がとどまってうるおいが逃げるのを防いでいるのです。

 

 

ディセンシア「つつむ」のベーシックスキンケアの効果にはこうしたいくつもの秘密があったのです。「つつむ」のうるおい効果を試してみてはどうでしょうか。

「つつむ」のスキンケアを研究員に聞く

「つつむ」のベーシックスキンケアについてポーラ研究所研究員のコラムの内容を紹介しましょう。ちなみに、「つつむ」はディセンシアが販売するベーシックスキンケア商品ですが、ディセンシアはポーラ・オルビスの関連会社なのでここでポーラ研究所が登場するのです。

 

 

「つつむ」は肌にうるおいを与える敏感肌用スキンケアですが、なぜ敏感肌に保湿が必要になるのでしょうか。

 

まず敏感肌の特徴をまとめてみましょう。

 

敏感肌は紫外線や外部からの刺激によって表皮組織がダメージを受けると過剰に角質の代謝が進められてしまうという性質があります。過剰な角質代謝がすすむと未熟なままの角層になってしまうのですが、こうした未熟な角層は紫外線や乾燥などが原因でダメージを受けやすく、さらに肌の状態が悪化する可能性が高いのです。

 

こうした敏感肌の特徴を知ったうえでどのような対策をとれば良いかというと、保湿です。

 

肌の角層内部にはもともと水分保持機能が備わっています。この水分保持機能に着目して開発されたのが「つつむ ローションセラムE」です。

 

「つつむ ローションセラムE」にはディセンシア独自のモイスチャライジングシステムが採用されています。

 

どんなスキンケアのシステムかというと、肌のうるおいのカギを握るヒト型ナノセラミドが細胞間脂質に潤いを与え、それと同時にアミノ酸複合体が角層細胞まで浸透して働きかけます。

 

肌の内部でこうしたうるおいが浸透していく一方で、肌の表面にはエモリエントプール成分がとどまってうるおいを逃がさないようにしているので肌の保水機能が高くなるのです。

 

肌の組織内部で肌自身が潤い続けるための力をつけることによって乾燥によるダメージから肌を守ることができます。

 

 

ポーラ研究所研究員のコラムでも取り上げられているこうしたシステムのスキンケアを実感してみてください。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) つつむ(ディセンシア)の口コミ、効果など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「つつむ(ディセンシア)の口コミ、効果など解説」(http://www.paloaltosol.net/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。